解体工事の騒音問題にはどのような対策がある?

未分類

解体工事の現場でできる事は、工事を行う際に建物全体を覆い囲む養生シートの使用、強化です。この養生シートはほこり等の飛散防止や防音を目的として使用されます。

養生シートは一般的には設置しますが、設置しないで作業を進める業者もあるので、見積もりの際にしっかりと確認しておくとよいでしょう。

一般的に使用する養生シートよりも防音性が高いものもありますが、その分追加で料金が発生するので、工事現場周辺の状況や予算を考えて検討してみるのも良いでしょう。

挨拶回りはやっておいたほうがいい?

これは直接騒音をどうにかするという対策ではなく、挨拶回りをする事で周辺の理解を得ようという考えです。解体業者のみが挨拶回りに行ってしまうと失礼にあたる場合があるので、解体業者と依頼主本人で挨拶回りに行くのがベターです。

挨拶回りをする範囲

挨拶回りをする範囲に決まりはありませんが、解体をする家の両隣、向かい3件、裏の家には最低限挨拶をしに行きましょう。

更に工事が行われる際に、重機や運搬車が道路を塞いでしまう事も考慮してその道路をよく使用するご近所さんにも挨拶回りに行っておくとトラブルを最小限に抑えられます。

挨拶回りは何日前に行うべき?手土産は?

挨拶回りは、工事が始まる日の10日~1週間前に行っておきましょう。

手土産を渡す場合は500円~1,000円程度の生活雑貨(タオルや洗剤)などの無難なものを用意しましょう。「受け取りやすさ」「実用性」を重視して選ぶと良いでしょう。

そして包装には「ご挨拶」と書かれたのし紙を付けましょう。ここで注意する点は「内のし」を付けるか「外のし」を付けるかです。「内のし」は身内のお祝い事をおすそ分けする際に使用し、「外のし」は目的を分かりやすくするために使用します。その為、解体工事の挨拶の場合は「外のし」を付けましょう

苦情が来てしまった場合の対処法

まずは騒音の改善をする為の迅速な対応をしましょう。もし騒音に対する被害を訴えて慰謝料を請求してくるような場合があっても、安易に同意しないようにしましょう。理由として、基本的に解体工事において慰謝料の支払いが必要になるほど周辺住民の生活に影響を及ぼす事は考えにくいからです。

工事に違法性がない場合はあくまで正当性を主張しましょう。それでも納得してもらえない場合は弁護士等の専門家に相談してみるのも一つの手です。

まとめ

解体工事を行うにあたって、騒音はどうしても避けられない問題です。養生シート等で物理的に音を抑えることももちろん大切ですが、周辺住民の理解を得る事がトラブルを最小限に抑える方法と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました